So-net無料ブログ作成

安楽死をしたい それはタブー [日記]

先日、安楽死をしたいという相談があり、安楽死に関する情報を差し上げました。

NPOギヴアンドギヴは犯罪被害者支援だけでなく、安楽死も提唱しています。

相談者はいたって合理主義。

もう十分に満足して生きてきたし、まだ体力のあるうちに安楽死をしたいという。

ごもっともな意見でした。

しかしながら、我が国は安楽死をタブー視し、その意見を封じめています。

あらゆる利権が、または、日本独自の家族観生死観が安楽死を認めません。

安楽死は憲法の幸福追求権に基づく自己決定権です。

日本医師会も、日本尊厳協会もこの論議を避けます。

スイスは自国民以外でも、安楽死の自己決定権が認めてられており、海外から安楽死を求めて渡航する人が絶えないといいます。

渡航した日本人もいるそうです。

スイスは今や安楽死の聖地です。

皆さんにもよく考えてもらいたいのですが、本人が安楽死を望むのであれば、そうしてあげればいい。

簡単な話なのです。

誰がそれを阻むのか。

私は宗教と医療利権だと思っています。

考えてみて下さい。

毎年増加する医療費。

少なくとも安楽死が認められれば、総医療費は下がり、皆さんの負担も減るのです。

こんないい話がてあってしかるべきです。

しかし、日本のタブーは根が深い。

いつになったら安楽死は実現するのだろうか。

はっこう
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。