So-net無料ブログ作成

Music Review 012「壊れかけのRADIO」(徳永英明) [音楽]

デビューからもう久しいです。

永いですね。

「壊れかけのRADIO」は徳永英明の定番といわれる曲です。

少年の誰もが大人になりきれず、大衆の中で孤独を味わう。

道に迷い、さまよい歩く、うつろな思春を歌っています。

この詩もとても素敵ですが、やはり彼の魅力的な「ボイス」に惹かれます。

寅さんで有名な「男はつらいよ」の後半の作品ではよく徳永英明の曲が挿入されます。

彼の「ボイス」は、どのシーンでも男女の切ない思いを盛り上げ、観客の胸をキュンと締めつけます。

場面を効果的に演出している彼の「声」は、すでに画面に溶け込む「効果音楽」なのかもしれません。

「壊れかけのRADIO」を歌う徳永英明が初めてNHK紅白歌合戦に出場すると聞いたとき、今までノミネートされなかったのか不思議でした。

これからも素敵なボイスをお聴かせくださいね。

はっこう
nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 38

コメント 2

coco030705

こんにちは。
徳永英明の長年のファンです。でも、ここ10年ほどライヴに行っていなかったのですが、昨年行きました。相変わらずの迫力ある魅力的なハイトーンヴォイスが出ていて、ビジュアルも若いときとさほど変わらず、いいステージでした。一緒に行った友達は彼「ヴォーカリスト」シリーズを出したころからのファンですが、私はもっと前からのファンです。「壊れかけのRADIO」は一番好きな曲です。持病を持っているので心配ですが、がんばってほしいですね。

by coco030705 (2019-06-01 18:35) 

はっこう

coco030705 様

いつもコメントありがとうございます。

歌手として歌ってみたい1曲ですね。
私も大好きな曲の1曲です。

今後ともよろしくお願いいたします
by はっこう (2019-06-01 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。