So-net無料ブログ作成

自由詩「人生の夕暮れどきの恋歌(れんが)」 [日記]

たくさんの

恋を

してきた


しかし

想うように

いかず

何度も

地団太踏んだ


恋とは

そういうもの

しかし

恋の

想いだけは

今でも

ほのかに

心に

残っている


まだ

人生の夕暮れどき

これから

恋をしても

おかしくはない

もっと

恋を

すべきだ

身もだえ

するような

恋を

して見よう

その恋は

結実する

とはいえないが

成就

しなくてもいいではないか


気がつけば

もう

人生の夕暮れどき

残りは

少ない


恋は

恥ずべきことではない

もっと

人生を

謳歌

すべきだろう


いずれ

死に

行きつく

わが人生

悔いなく

生きたい


だから

人生の夕暮れどき



人たちよ

恋をして

人生の

結語

とせよ


恋をして

恋をして

笑われようが

何言われようが

自らの

人生だ




するのは

乙女

とはかぎらない

私たちこそ

恋の

先鞭

となろうではないか
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。